小野清生像


 陶芸家小野清生(清々)という人は、大正から昭和にかけて実際に生存していた。確かに彼は存在した。何故ならば、彼は私の祖父だからである。彼がいたからこそ私は現在、ここにいる。
 しかし、彼の出自や生い立ちは全く謎だった。何処から此処…つまり京都にやって来て、我々を残し、去っていったのか。
 
 清生は九州の何処か、熊本か佐賀、あるいは大分から美術学校に入り、卒業し、京都で陶芸を始めたという。

 京都において彼は5人の娘を儲けた。その四女、妙子が私の母である。長女は清生が存命の頃、若くして亡くなり、二女は私が中学生の頃、母である四女妙子は17年前、そして先だって令和2年1月に五女道子が亡くなった。残るは三女紀子だけとなった。
 清生は40そこそこで亡くなり、二女と三女は親戚の家に預けられ、幼かった四女と五女は孤児院に引き取られ、そこで成人した。これが私が知る全てだった。

積慶園3
この画像は孤児院、積慶園の同窓会の記念写真(部分)と思われる。左の女性は4女妙子で抱かれているのは私。右の水玉のブラウスの女性は5女道子。20歳前後の頃と思われる。

 ずっと以前、創作に携わり、芸術を志す者として、あるいは残された者の責務、そして彼の作品を見たいという興味から、私は祖父清生の仕事の発掘を試み、母妙子に幼い頃の記憶を尋ねたことがある。しかし妙子は私の要請を頑なに拒絶し、二度と清生の話はしないという確約を取らされた。
…妙子は清生から酷い虐待を受けていたのだ。
 そのトラウマから父である清生の記憶が蘇るのを妙子は嫌がった。そして他の姉妹も多かれ少なかれそうした理由からなのだろう、清生の出自や生い立ちは封印され、子や孫には殆ど伝わっていない。小野清生は歴史から消去されようとしているのだ。いや、既に消去されてしまったのだろう。
 そして五女道子が亡くなったのを期に、再び清生の発掘を試みようと思う。以前と違い今ではネットという強い武器がある…。

卒業写真

 家に伝わる清生の写真は二枚しがない。その一枚が巻頭の画像でもう一枚が上の記念写真と思われる画像だ。その裏に左から小野清々、彫刻科大分県とあり、次に石田瑛、園技科石川県、右端の座る人物が高野重人、漆工科熊本県と書かれている。
 この情報を基にネット検索してみると非常に驚くべきことが判明した。
 国立国会図書館デジタルコレクションから、東京美術学校卒業名簿にその名があった。

 小野清生 大正5年彫刻選科卒業 大分出身
 石田瑛 大正6年図案科本科卒業 石川出身
 高野重人 大正5年漆工科本科卒業 熊本出身

 ここで小野清生は大分県出身で東京美術学校彫刻科を大正5年に卒業したことが判明した訳だが、その後がもっとすごい。

 高野重人氏なる人物をネット検索するとコトバンクから「高野松山」がヒットした。それによると、デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説「1889-1976 大正-昭和時代の漆芸家。明治22年5月2日生まれ。白山松哉に白山派蒔絵をまなび,松哉より松山の号をうける。竹塗りを2代橋本市蔵にまなぶ。昭和30年蒔絵の人間国宝。」
 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説「漆芸家。本名重人。熊本市(現在の西区池上町)に生まれる。…13歳で飽託(ほうたく)郡立工業徒弟学校漆工科に入学。のち京都市立美術工芸学校描金科、東京美術学校漆工科を卒業。…」とある。

 私の目が凍り付いたのは「…のち京都市立美術工芸学校描金科、東京美術学校漆工科を卒業。」…の京都市立美術工芸学校である。…これは紛れもない私の母校なのである。
 そこで本棚にある2016年版「美工同窓会名簿」を急いで広げてみた。
 …我目を疑った。…衝撃だった。3人の名が2016年版美工同窓会名簿の30頁に載っていたのだ。

 明治43年3月25日卒業、彫刻科 小野清生
 明治44年3月25日卒業、描金科(後に漆芸科に統合) 高野重人(雅号松山)
 明治45年3月25日卒業 図案科 石田瑛(雅号玉英)

 謎の人物だった祖父小野清生は、何と私と同じ京都の美工を卒業した先輩であり、驚くべきことに私は私と祖父清生が、この同じ一冊の美工同窓会名簿に同時に名を連ねていたことなど今の今まで全く気付かずにいたのだ。この奇跡的偶然的顛末は一体どういうことなのだろう。

 …想像を巡らすと、私が影も形もなかった明治末に、三人の若者が大分から、石川から、そして熊本から芸術を志し京都にやって来た。同じ学校で学び、そして交友を育み、励まし合い、あるいは競い合い、そして三人はその後、東京美術学校で未来を語りその絆を深め合う。…そうした三人の絆を私は信じたい。それがこの記念写真の示唆するところなのだろうか。

 しかし、芸術は時には独善的であり過酷で悲惨だ。残された者はその恩得に預かることもあろうが、その多くはそれ故に翻弄される。そうした例は私が知る限りにおいても枚挙に暇がない。…そしてこの時期の大戦はそれに輪をかける…。


 …小野清生の作品の所在、あるいは情報を求めています。…






 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村