個人的意見だが、私は京都駅の見栄えが好きではない。ポストモダンとかいう、ちゃらちゃらした装飾の多い、無国籍でアミューズメントパークのような駅が如何して京都に必要なのか、…と、京都駅に行く度にそう思う。
 これをデザインした人は…東京大学工学部建築学科卒業の原広司氏であるのだが…、街の景観というものを考慮するという能力をお持ちでなかった。あるいは、伝統建築の美の継承という思いが、すっぽり抜け落ちた頭をお持ちなのだろう。如何してこのデザインが選ばれたのだろうか。

Eki02

 烏丸通りを南進すると東本願寺の背後に巨大建造物が現れる。ここからの景観は京都タワーも含めて、まるで特殊撮影のはめ込み映像を見るようだ。

Eki03

 近づくにつれ近隣のビルに隠れ、その全貌は見えなくなるが、近隣のレトロなビル群と比べても、形態、スケールでかなり異質だ。

Eki06

 そして異次元空間へと人々は吸い込まれて行く。

 個人的意見だが、日本古来より継承されてきた美の脈絡とは何の関係も無い代物を、ましてや、継承されてきた美が多く残る京都の表玄関に据えつけるという権利が、はたしてJR西日本や行政、そしエリート建築家にあるのだろうか。

 当時、駅デザイン採用にあたって、海外から招かれたゲスト審査員を含めたコンペテーションが行われ、エントリィされた各デザインがマケットとなり、一般公開されていた。
 そして当時の荒巻京都府知事はコンペ終了後、コンペは世界的建築家と京都の見識によって行われたと言った。しかし実際はそうではなかったとする怒りの告発をした人がいたのである。そのコンペに審査員として参加していた哲学者、梅原猛氏である。彼も京都駅に怒っていたのである。

Umehara
1991年11月22日付け京都新聞

 梅原氏はそれから14年後、あのJR福知山線脱線事故を受けて、殆ど同じ内容の記事をAERA 2005年5月23日号に投稿されている。このコンペの一件に、余程お怒りだったのだろう。

 問題は談合とおぼしき疑惑を残してまでも、東京大学建築学科という権威が日本の主要な建築を牛耳ること、つまり日本の景観、都市創りの決定権を堅持しようとしたこと、そして、もっと問題なのは、その彼らが持つ、日本の古来よりの文化、美意識を未開と蔑視し、西洋のトレンドをひたすら踏襲するという明治以来の官僚的習癖だろう。
 そしてその習癖は、その設立目的を一にする現代の東京芸術大学という権威にも当てはめられるのかも知れない。

 少し前まで呪文のように唱えられていたポストモダンという言葉があり、作品形態がある。これは建築と美術の分野において顕著に見られ、それは西洋を信心する一握りの彼らの主導によるものだろう。そして街にはポストモダンを自認するビルや作品が林立し、街の景観を破壊してきたのだ。京都駅はその象徴だ。

 ポストモダンという概念は日本古来より継承されてきた美の来歴とは何の関係も無い。つまり、ポストモダンの前提になるモダン、あるいはモダニズムとは、我国においては明治の改革が原初であり、それは、それまでの多くの文化、美意識を未開の業として葬り去るという改革であったのだから。ポストモダンにはそうしたモダンを容認するという意味合いを含んでいる。

 文明開化の反意語は未開であることを忘れてはならない。

.
.
 



美術ブログランキングに
参加しています
他メンバーのブログはここからどうぞ
どうぞよろしく…

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村